顔面騎乗に夢のせて

顔面騎乗に夢のせて

芳しい香りがしたから…

顔面騎乗の歴史

顔面騎乗の歴史について考えてみました。
顔面騎乗はいつどこで誕生したのでしょうか。
ある情報によると大昔の権威のある画家の絵画に、顔面騎乗の様な行為が描かれているそうです。
つまり、大昔から一部の間では、一般的なオーラルセックスだったのかも知れません。

いや、普通に考えて人類の歴史ではいつでも顔面騎乗は存在していたのではないでしょうか。
男性であれば、女性の性器を唇や鼻や顔面全体で感じたいと思うのは自然な事です。
女性であれば、自分の最も敏感な部分を愛する男性の顔面に押しつけたいと思うはずなのです。

絵画や文献が人類歴史の全てではありません。
想像してみるのです。
両親が具体的なセックスの方法を教えてくれたでしょうか。
自分の性癖を子供に話すでしょうか。
そうなのです、顔面騎乗をしている事、好きな事をわざわざ人には話さないのです。
誰もが振り返ってしまう様な、街ですれ違う美女だって、顔面騎乗が大好きなのです。
それが顔面騎乗の歴史なのです。

  • 顔面騎乗好きの女性